×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

えきねっと時刻表検索の使い方情報!

えきねっと時刻表検索の使い方

カテゴリー :えきねっと 時刻表

えきねっとでは時刻表を調べることができます。

えきねっとの時刻表検索のやり方は、「駅・時刻・運賃案内」をクリックして検索ページへと行きます。
駅の時刻表は駅名を入力すると検索できますが、路線や県名や50音順でも探すことができます。

例えば「東京」と入力して検索ボタンを押すと、東京駅が検索結果に出てきます。もし同じ名前の駅や同じ読み方が含まれる駅があると、検索結果には複数並んで表示されます。

検索結果で出てきた「東京」という駅名をクリックすると、乗り入れている路線名が一覧で表示され、それぞれ「平日」と「土曜・休日」に時刻表が分かれて表示されます。知りたい日が平日であれば「平日」をクリックすると、その路線の平日用時刻表が一覧表示されます。

東京駅のように乗車駅が大きな駅だと、駅についてから迷ったり、食事やショッピングも楽しんだりしたいので、駅・路線案内機能も使って駅の情報も手に入れてくださいね。

コラム > えきねっと時刻表検索の使い方について書かれています。

えきねっと 定期運賃払い戻しに関して

カテゴリー :えきねっと 運賃

えきねっとの定期券の払戻しについてですが、定期券の有効期間が1ヶ月以上ある場合は、発売額からすでに使った月数分(1ヶ月に満たない日の端数は1ヶ月とします)の定期運賃と手数料210円を差し引いた残額を払いもどしします。ただし、払いもどし額がない場合もあることを注意しなければなりません。
≪定期券払いもどしの際の計算方≫ですが、
払戻額=定期券発売額−(使用済月数×定期運賃)−手数料210円
有効期間開始日から3日以内(JR東日本線相互の定期券、JR東日本線+JR線以外の鉄道線の連絡定期券は7日以内)であれば、払いもどしの取扱いをしてくれます。
定期券の変更についてですが、定期券の区間を変更される場合は、新たな区間の定期券を購入のうえ、使用経過旬数(10日を1旬として計算)に相当する運賃を差し引いて、差額を払いもどしします。
定期券の払いもどしの際は、本人であることを確認できるもの(免許証など)をもって行かなくてはなりません。代理人の方が払いもどしをする場合には委任状が必要です。
また、定期券を購入した箇所以外でも、定期券発行をしているJRの駅及びみどりの窓口等において払い戻しをします。

コラム > えきねっと 定期運賃払い戻しに関してについて書かれています。

えきねっと時刻表検索の便利機能

カテゴリー :えきねっと 時刻表

JR東日本のえきねっとでは時刻表や駅情報などを調べることができる便利な機能が無料で利用できますが、時刻表を調べるだけでなくほかにも便利な機能がいくつかついています。

例えば列車の空席案内機能は、今現在乗りたい路線の指定席が空いているかどうかをインターネット上で知ることができます。空席については秒単位分単位で変わるものなので絶対大丈夫というわけにはいきませんが、空いていればそのままえきねっと上で予約することもできるので便利です。

その他にえきねっと時刻表検索コーナーの便利機能としては、遅延証明書の発行サービスがあります。遅延証明書とは、朝の通勤時に交通トラブルで列車のダイヤが乱れてしまい、いつもならば間に合うはずの通勤電車が遅れたせいで会社や学校などに遅刻してしまった方を救済するための書類です。
以前は降車した駅の窓口で遅延証明書を発行してもらいましたが、えきねっとのサイトでは駅に行かなくてもインターネット上で遅延証明書を発行してくれるので、それを印刷すればとりあえず大丈夫ですよね。

コラム > えきねっと時刻表検索の便利機能について書かれています。